レジリエンストレーニングの理論と内容を知ってますか?

レジリエンスを高めるために、科学的な裏付けを理解しましょう。深く理解する事で、最大にレジリエンストレーニングの効果を高めることができるでしょう。

トレーニング法

レジリエンストレーニングが本当に効果を上げるために

2017/12/25

レジリエンストレーニングを受けたことある人いますか?そのとき、スタートから、私はしっくりこなかったのです。
これから紹介するのは、私のレジリエンスのイメージであって、これを読んでいる人は違った(自分自身の)イメージでよいと考えています。

あなたにとってレジリエンスの意味は?

アメリカの学者も、実は、ずいぶんとレジリエンスのイメージが違います。レジリエンスの言葉での定義は同じような表現をしますが、レジリエンスの強化のための取り扱う事象がだいぶ違います。ある学者はその事象を「逆境」と表現をしたり、違う学者は、「リアクションを起こす出来事」のような緩い表現したり大分ニュアンスが違います。

いろいろ調べてみたら、心理学のレジリエンスという単語は「環境適応」という意味がベースのようです。

ただ、これではあまりにも漠然としているので、ここから派生して各学者が自分の研究領域に合わせて、「環境適応の中のここを研究しました」というのを、学者らしく「(私が言う)レジリエンスとは…」と説明してきたように見えます。

レジリエンストレーニングから学びたい事が違う

「何故、こんなことを問題にするのか」というと、レジリエンスのトレーナーを育成するとき、トレーナー自身のレジリエンスコンセプトを受講生に押し付けては、受講生のレジリエンスの力を高められないと考えているからです。

言葉は、思いのほか自分の思考や世界を規定しています。その話は、この言葉が無いと思考も存在も無いから。

レジリエンスは自分の力をレジエンシー(レジリエンスの根源となる力)として活用していき、個々の立場で直面していくる様々なものに適応していくことになるので、人それぞれが経験的に自分の効果的なものを創り出していかなければなりません。人のやり方が自分にとってどの程度効果的かは不明です。

今のレジリエンストレーニングは、50年前のリーダーシップのハウツートレーニングに似ています。

「〜すればリーダーシップが取れる」「〜すればレジリエンスが高まる」みたいな。

または、スポーツを本で教えるような。ゴルフのスイングをする瞬間を他者の言葉で言われてもピンと来ません。感覚や感じ方が違います。s00010

うつ症状とうつ病

一方、人間に、うつ状態になるような不幸なことが、親や子の死、そして愛する人との別離とあります。(コーピングの調査では、配偶者の死が一位で刑務入りや失業、離婚等、様々あります)

このような事象が、起こると一ヶ月程度落ち込み、無気力感が続くそうです。うつ状態ですが、うつ病ではありません。

この状態が3ヶ月、半年と継続するとうつ病と診断されます。

うつ病の怖いのは、長期的に肉体的疾患があらわれ、社会的に不適応になることです。

生涯のうつ病発生率は20%と言われます。日本のデータはもう少し低いのですが、理由は、主婦や高齢者のうつ病判定がされず埋没してしまっているからだと考えられています。

会社で、5人に1人はうつ病の可能性があるのです!驚きですね。

今、特に問題が深刻なのは、小学生のうつ病です。何故なら、その症状が単なる怠け者と同じだから親も気づかないのです。

小学生の症状とは、宿題をしてこない、忘れ物を多発する、朝起きれない、行動がスロー、ご飯を食べるときこぼす、集中力が無い、病院へ連れて行っても「何処も悪いところが無い」と診断される等

レジリエンストレーニングの効果を上げるための対象範囲

話を戻します。

脳の安全装置の対象は、範囲外

人は、強い衝撃を受けても、脳はそのまま受け入れず、衝撃をある程度緩和して受け入れる仕組みになっています。それが脳の安全装置です。

ポジティブ心理学者の調査によると、ベトナム戦争から帰還して、手や足を不幸にして切断した患者さんを対象に継続的に人生の主観的満足感についてアンケート調査したところ、当所の幸福感はかなり低いものでしたが、1年後の調査では、平均より少しだけ低いだけでした。

エネルギーを消失して無気力感に襲われている人はみんなそんなに大きな不幸な事象に直面したのでしょうか?実はそうでないのです。

3.11の東北震災のような事件から発生したPTSD(心的外傷後ストレス障害)を乗り越えるようなことは、私達か対象とするレジリエンスの領域ではありません。

PTSDは、あまりにも脅威となる経験を無意識下に押し込む(抑圧する)ことで平静を保とうする異なった脳の安全装置です。これはこれで治療が必要です。

円形脱毛症の原因が、範囲内

うつ病の人の多くは、脳の安全装置が働かない、そんなに大きくない、しかし、確実に心身を縛りつけ、思考を硬直化させる経験の蓄積によるものが大半です。

このような病的要因となりうる事象のひとつひとつに対して処理する能力を身につけておくことがレジリエンス向上の基本です。

重大な出来事によるものより、日常生活の些細な出来事の積み重ねの方が、身体に影響を与えることは、既に立証されています。

参考:レジリエンスとコーピング

みなさんは、円形脱毛症を経験したことありますか?この原因は心理的なものが大半ですが、患者さんに「原因を思い当たることはありませんか?」と質問しても、ほとんどの患者さんは、すぐには思い出せません。

「よくよく考えれば、同僚から[ケチだな]と二、三日前に言われたこと思い出しましたが、そんなことは忘れてましたけど」このようなたわいもないこと、これが脱毛症を起こしたのです。

人間の心は、弱すぎる一面もあるのですね。しかし、明らかに脳の安全装置が働くような事象ではありません。

これが、レジリエンストレーニングの対象範囲です。

まとめ

社会生活を営んでいれば様々なことが起こります。その中には、自分にとって地雷のようなものもあります。また、中には、地雷を踏んでも、天然的に耐久力を持っている人もいます。そんないろんな人々がいる中で、生涯うつ病発生率20%です。

やはり、予防接種が欲しくありませんか。それがレジリエンストレーニングです。さらに、レジリエンストレーニングの効果は一生続くと言われ、だから、「できるだけ若い時に受けるべきだ」と心理学者は主張します。

ところが、心理学の裏付けの無いレジリエンストレーニングは、全く効果が無いとも言われています。みなさんなは、その見極めが是非できるようになって頂きたいと考えています。

-トレーニング法
-,