知って得する効果最大化!レジリエンストレーニング

レジリエンスを高めるために、科学的な裏付けを理解しましょう。そうする事で、最大にレジリエンスを自ら高めることができるでしょう。

「 フロイト 」 一覧

フロイトの「自我」「エス」「超自我」を、脳科学でサクッと検証

フロイトの「自我」「エス」「超自我」の脳の中での存在は、脳科学でどのように取り扱われているでしょうか。残念ながら、「超自我」は、脳科学的に特別な脳の部位が担当しているわけでは無さそうです。

フロイトの精神分析の理論をどっぷり/心の構造/無意識/自我

フロイトの考えた心の構造は、「エス」という本能の塊と、倫理観の守護「超自我」、その両者を調整し、その結論を行動に導く「自我」の3つで構成されています。そして、これら三つのバランスが壊れることが、精神的病気の一因であり、「抑圧」や「防御規制」が代表的なもので、その診断と解決の糸口は、「夢」にあると考えたのがフロイトです。